「睡眠」と「食欲」の関係

 

こんにちは!オーナーの富田恵です。

 

 

昨日は何時間寝ましたか?

いつもは何時間寝ていますか?

 

睡眠時間6時間以内の方、要注意!!!

 

実は、睡眠時間が6時間以内だと、食べても食べても満足感が得られず、

永遠に食べたい衝動に駆られてしまうんです。

 

 

睡眠5時間以内の場合、食欲を調節する2つのホルモン、

 

グレリン(食欲を増進させ、空腹感を高めるホルモン)

レプチン(血液中のレベルが上がると食欲が満たされないホルモン)

 

の働きを妨げるため、食べ過ぎを招きます。

 

 

寝不足の翌日、食べても食べても永遠に食べ続けてしまうのは、このためだった

んです!

 

さらに、それだけにとどまらず、肥満、糖尿病、高血圧や高コレステロールに

つながってしまうんです~

 

心臓病を患うリスクが大幅にアップし、結果として、心臓発作や脳卒中を

引き起こす率も高まるのだとか。

 

う~怖い(>_<)

 

 

さらに、睡眠時間6時間未満の生活を続けると・・・

 

心臓病のリスクが50%

脳卒中のリスクが15%

 

それぞれ高くなります。

 

そう!睡眠不足は、太りやすい身体にしてしまうだけではなく、将来的にさらに

恐ろしい病気を招いてしまうんです!

 

 

「食欲が止まらない~」っていう方!

さっ!今晩からしっかり睡眠をとりましょう!zzz

 

 

といっても、働く女性はなかなか睡眠時間が取れないが実情。

もれなく私も(笑)

 

その場合は、寝る前の環境を整えることで、質の良い睡眠になります。

 

 

その1つ。実は、エステの睡眠てすごいんですよ^^

 

エステの心地よさで脳がα波の状態から眠りに入って、脳がデルタ波の状態に

なると、なんと!

 

エステ中10分の睡眠で、通常1時間分の睡眠に匹敵するんです!

 

 

忙しくて睡眠時間がなかなか取れない人にも、エステは効果的だったんですね^^

 

 

次回は、おうちで、質の良い睡眠に入るためにした方が良いことと、寝てる間に

なぜ痩せるのか?についてお伝えします!

 

寝る前環境整えて、キレイに痩せて健康な身体になりましょう♪

 

最新の美容情報をFacebookからお届けします!

最新の美容情報を知りたい方は、「いいね!」を早速ポチっとどうぞ!